Sa80a1

皆さんこんにちは。前回



ということでイギリスの伝説的なライフルを紹介しました。

では今回は現在イギリス軍の正式採用銃であるL85(SA80)について見ていこうと思います。


…で、ちょっと銃をかじって知識のあるそこのあなた!L85と言えば

ジャムおじさん
弾の出る鈍器
重い娘(物理)


とかとか…まぁ悪い話しか基本聞かないイメージ、あると思います。
まぁそれはひとまず置いといて…基本的な情報から見ていきましょう。

概要

1985年、XL70(XL64の改良型)をベースに、L1A1およびL2A3と更新する形で採用された。当初は5.56mm弾を参考に開発した独自規格の4.85x44mmまたは4.85x49mm弾を使用する予定だったが、結局は5.56x45mm NATO弾を採用した。ブルパップ方式を採用し、発射機構は銃の最後部に収められ、全体のコンパクト化を図っている。また、本体はスチールプレス加工、ハンドガードやグリップ部分はプラスチックを使用し、優れた生産性・耐久性を持ちながら生産当時としては低コスト化に成功している。 特筆すべき構造上の特徴として、後に自動小銃のスタンダードとなるフリーフローティング・バレルをいち早く採用しており、ステアーAUGやFAMASなどのブルパップライフルも含めた当時の自動小銃の中では非常に高い精度を有する点が挙げられる。

メカニズムはAR-18をベースとしており、STANAG マガジンを使用できる。また、命中精度を高めるために取り外し可能なSUSAT光学照準器を備えている。SUSATの上面には光学照準器が破損した場合に備えて、非常用の照星と照門が設けられている。SUSATを使用しない場合は後付けのフロントサイトと、固定式リアサイトを搭載した着脱式キャリングハンドルを装着する。コッキングレバーと排莢口は右側面に設けられており、銃を左肩に構えて射撃することは考慮されていない。排莢口の後方には開口部を保護するための手動防塵カバーがあり、手で閉じられたカバーはボルトとコッキングレバーが後退すると再び開く。クロスボルト式の安全ボタンは引き金の上方に、セミオート・フルオート切換レバーはレシーバー左側面にあり、それぞれ別個に操作する必要がある。 
Wikipedia L85


とつまり当初正式バトルライフルであったL1A1(FN FAL)と正式SMGであったL2A3(スターリングSMG)を置き換える目的で開発されました。

ライフルの置き換えはともかく…SMGも?と思うかもしれませんが閉所戦闘から野戦まで幅広く対応するアサルトライフルは事実SMGの立ち位置を確実に奪っていきました。
…まぁ、第二次大戦後にライフル、SMG、カービン、分隊支援火器までのすべてをM14で補おうとしたアメリカなんかに比べたらよっぽど現実的です。

L1A1
L1A1
L2
L2A3

開発

1960年代後半、イギリスでSLRの更新が検討され始めた。7.62x51mm弾はイギリスが理想としたものに比べて強力すぎ、フルオート連射時の反動の大きさから自動小銃に適した小銃弾ではないと考えられていた。第二次世界大戦や朝鮮戦争での戦訓を検討した結果、新型小銃弾の最大射程は400m程度が最適とされた。1970年、エンフィールド造兵廠に対し、陸軍火器総監は1971年末までに以下の事項について研究を完了するよう命じた。 

1976年6月14日、NATOにおける新たな標準小銃弾の検討が始まる1年前、新型小銃弾4.85x49mm弾を用いる新型火器のシステムが発表された。この時に公開されたプロトタイプの評判は良好だったため、国防省では同システムが問題なく採用され、また4.85x49mm弾がNATO標準弾に採用されることを期待した。しかし、当時すでにアメリカや一部の同盟国が採用していた5.56x45mm(M193弾)が有力な候補とされ、これを元にベルギーで設計されたSS109弾が新たなNATO標準弾として採用されることとなった。
Wikipedia L85


開発に際しては7.62mmを使用するSLR(つまるところL1A1)が強力すぎるために小口径の新型小銃弾を開発の上、新小銃を開発する流れとなりました。それでイギリスは独自の4.85×49mm弾を開発、NATOの標準弾薬に採用されるよう、期待をかけます。

…でもまぁ、むりだよね。

開発が行われた1960年代後半から1970年代といえば、冷戦真っただ中。アメリカはベトナムにおいて新型小銃であるM16を全軍配備していました。
世界の警察たるアメリカもうすでにが新型小銃を配備し、その弾薬として5.56㎜弾を使用していた。…これもう覆せると思う?うん、それ無理☆

かくしてイギリスの4.85㎜弾はアメリカのごり押しによって闇に葬られました…


で、ここからはそんな経緯で開発されたL85の欠陥について見ていこうと思います。

L85の欠陥

1985年の配備開始直後から、L85について多数の欠陥が指摘された。

  • コッキングレバーが右側にあり、両利き用が望ましいとする目標は達成されなかった。
  • SUSAT照準器を取り付け銃弾を装填したL85は、L1A1と比較しても80gほど軽いのみで、重量はほとんど変わらなかった。
  • ブルパップ方式レイアウトに加え、SUSAT照準器の位置、軽量な樹脂製フォアグリップなどの要因から、重心が後方に寄りすぎており、フルオート射撃時の反動が非常に大きかった。
  • 照準時のアイポイントが高く、遮蔽物からの射撃時にも大きく身体を晒す必要があった。
  • 引き金が固く、射撃精度に悪影響を与えた。
  • 左側面に設けられたセレクターレバーおよびマガジンリリースの操作時、ピストルグリップから手を離す必要があった。また、マガジンリリースは銃を胸の前に構えた時、誤って押されることもあった。
  • スリングは射撃時に役に立たなかった。
  • LSWのショルダーバットストラップは位置が高く、役に立たなかった。
  • LSWは交換可能な銃身や弾帯給弾などのオプションがないため、支援能力が限られていた。

暴発の危険性や発射速度の低下なども指摘されていたほか、1978年時点で320ポンドと想定されていた調達費用は、1983年4月時点で523ポンド(SUSAT照準器込みで799ポンド)まで膨らんでいた。それ以外にも多数の欠陥や部品破損の報告があったものの、兵器委員会では十分優れた火器であるとの報告がまとめられていた。 
Wikipedia L85


SA80がジャムを起こさせる原因は多い。SA80のボルトにはコッキングレバーが直接取り付けられており、これが発射の際に激しく前後運動する事になる。そして、SA80のレバーは同じような構造のAK-47と違って配置も悪く、排出された薬莢がこのコッキングレバーに当たってしまう。その結果、排莢スピードが妨げられるだけでなく、薬莢が排莢口に挟み込まれ、最悪の場合は孔の中に跳ね戻ったりしてしまう。当然、それは作動不良を引き起こす。また、マガジンの信頼性が非常に低かった。SA80のマガジンは弾薬を押し出すためのスプリングが弱く、ほとんどの兵士は装填を28発以下に留めていた。それでも弾薬は途中で止まってしまい、装填不良の原因となった。また、マガジン挿入口を広く取ったのは良いが、マガジンキャッチのスプリングが貧弱で、マガジンが自重によって滑り落ちてしまう事もあった。

この結果、発射と同時に装填と排莢がどちらも正しく行われず、弾薬が薬室に送り込まれる段階で噛み合って止まってしまったり、或いは薬莢が機関部の中に戻ってしまったりして、作動不良を引き起こした。コッキングレバーを動かして手動で排莢したりマガジンを入れ直して撃てれば良し、フィールド・ストリッピングでも直らず、最悪機関部が破損して工場送りになる事も珍しくなかったと言われている。

実際、改修前のL85はイギリス軍に配備されてすぐに多くのトラブルが発生しており、幾多の大小規模の改造を経てL85A1となるが、それでも、問題解決には至らなかった。後述の大改修前にクウェートで行われた試験では平均99発毎に作動不良を起こしたとのことである。

そのため、イギリス陸軍特殊部隊SASではL85ではなく、アメリカ軍のM16シリーズ、或いはそのライセンス生産品であるカナダのディマコC7を使用していたことが知られている。
Wikipedia L85

以上の通り、実際に配備されると多数の欠陥が露呈しました。
改修を施しA1となるも結局は改善せず、結局はドイツのH&K社が改修を請け負うこととなります。

SUSAT
搭載されていたSUSAT照準器。レティクルが無駄にデカく見づらい。

さらなる改修、脱ポンコツ。

SA80A1はそれまでに幾多の改良を加えられたにもかかわらずトラブルはなくならず、これらの致命的なトラブルを解決するため、軍用銃の開発・製造で実績のあるヘッケラー&コッホ(H&K)社が改修作業を請け負うことが決定した。H&Kがイギリスの航空機メーカーであるブリティッシュ・エアロスペース(BAe)の一部門、ロイヤル・オードナンスに買収されていた時期である。

H&Kが改修を施した200挺のテストは成功裏に進み、9,200万ポンド(約150億円)を投じて20万挺のSA80A1を改修する契約が結ばれた。これは、1挺あたり実に7万5千円にもなり、ドイツ連邦軍などで採用されているH&KのG36ライフルの新品1挺とほぼ同じ(無論、イギリスがG36を輸入、或いはライセンス生産した場合に掛かる費用などは除く)額になる。

改良箇所は以下の通り。

  • ロッキングシステムのヘッドにエキストラクターネイルを追加。
  • ファイアリングピンをややテーパーのついた形状に変更。
  • コッキングハンドルの変更による薬莢の戻りを解消。
  • ガスシステム周りをよりクリアランスの大きなものに。
  • H&K HK416と同じような信頼性の高いスチール製マガジンの採用。

また、作動不良の解消とは関係ないが、ライフルグレネードからの転換としてL123A2 グレネードランチャーを使用できるようになった。装着の際、SA80のハンドガードは取り外され、グレネードランチャーと一体のものに置き換えられる。

その他にも様々な改良を加えた結果、作動不良の回数は平均25,200発に1回と、劇的に低下した。

こうした改修の結果SA80A2ができた。これをイギリス軍はL85A2として採用している。


として多額の資金投入により無事、ダメな娘を脱却しました。

したんです。

なので本当なら欠陥ライフルとか、ダメな娘、なんてレッテルはもうつかない…はずなんです。
過去を清算するのは…むずかしいね。

また、2009年以降からは近代化改修も施されており

ハンドガードをレイルシステム搭載のRISハンドガードに変更
高額照準器をSUSATからTrijicon ACOG
またはElcan SpecterOS4x に変更
フラッシュハイダーの変更
マグプル社製EMAGの採用(2011年頃より)


といった変更点があります。

L85A2
近代化改修を受けたL85A2
Emag
マグプル社のEMAG

また、2017年にはさらに近代化改修を施したL85A3のプロトタイプが登場。軽量化、Keymodシステムなどを採用し、カラーもダークアースカラーへと変更されています。イギリス軍は既存のL85 5000挺ほどを改修し少なくとも2025年まで運用すると発表しています。

SA80A3
SA80A3(L85A3)


さて、ここまでを見てきてこう思った方も多いのではないでしょうか?

…いや、金かけすぎじゃね?


その通りです。改修にかかった資金だけで新規小銃の導入は余裕で行えます。ではなぜ意地でもこのL85を使い続けるのか?
おそらくはコンコルド効果ではないでしょうか?

コンコルド効果とは、簡単に言えば「開発にめっちゃ金かけちまったぜもう無駄にできねぇ」という「埋没費用効果」の別名です。音速旅客機のコンコルドからこの別名がつきました。

L85を開発するにあたって、新規自動小銃を開発することになったイギリスは多額の資金を開発費用として投入しました。それなのに別の銃に乗り換えてしまったらこの開発にかかった資金が無駄になってしまう。
以上の点から、今日までに続く改修と継続運用につながったのではないでしょうか?

…あくまでも憶測ですが。

動画
ジャムってる動画?見たことあるでしょ?ここは景気いいのでも見ようや



L85(SA80)のトイガン



ICS 電動ガン L85-A2 ICS-085
アイシーエスエアソフト(I.C.S airsoft)



海外各社より電動ガン、ガスブローバックガンのA1,A2、そして分隊支援火器モデルのL86が発売されています。
実銃のようにまともに戦えないなんてこともないでしょうし、使用者も決して多くはないですからフィールドでは目立つこと間違いなしです!


いかがでしたでしょうか?
L85は今はダメな娘じゃない!ということが少しでも多くの人に知っていただけたら幸いです。